販促ツールに関するご質問(FAQ)
TOPページ >> 販促ツールに関するご質問

回答一覧

スクラッチカード・ナンバリングカードに関して

集客効果の高い各種カード制作のポイントは何ですか?

スクラッチカードやナンバリングカードには「お得感」と「ワクワク感」を持たせることがポイントになります。
カードを受け取った人がもう一度足を運びたくなるような「お得感」のあるキャンペーンを企画し、買い物をする際の「ワクワク感」をカードによって演出します。
もっとお店に行きたい気持ちにさせることが可能です。

どのような場面で活躍しますか?

「わざわざお店に行きたくなる」仕掛けを作る際や、Webサイトの誘導などに活躍します。
例えば、春夏秋冬の季節ごとやクリスマス・ハロウィン等のイベントに合わせてキャンペーン企画をカードで発信すればリピート客を呼び込めます。
また、くじ付きカードの当選番号やQRコード等をWebサイト上で公開することでサイトへのアクセス数が増加します。

エコスクラッチと、普通のスクラッチカードの違いは何ですか?

「削りカスが出ない」ことがエコスクラッチとスクラッチカードの違いです。これらはスクラッチ部分の印刷技法の違いによるものです。
また、普通のスクラッチカードはエコスクラッチに比べ「削った感」が出ますので、ワクワク感をより多く演出することが可能です。

ナンバリングカードのナンバーが透けてしまうことはありませんか?

透ける心配はありません。従来のカードのスクラッチ部分には、よく「角度によっては中身が透ける」という課題がありました。
しかし販促支援.comでは独自の印刷技法によってこの課題を解決することに成功しています。シリアルナンバー等にも安心してご利用いただけます。

販促什器・ディスプレーに関して

訴求効果の高い什器・ディスプレー制作のポイントは何ですか?

どの商品を、どの場所で訴求するかを押さえることがポイントです。商品の内容物だけでなく、設置・棚段・空きスペースの利用など、店頭での設置場所によって目立たせ方や訴求内容が異なり、什器やボードの形も変わってきます。
例えば同じ商品の什器でも、目線と同じ高さの棚用にはインパクトが出るようなデザインにしたり、目線のやや下にある棚用には在庫品が多くストックできるような形状を意識します。

どのような場面で活躍しますか?

売りたい商品のある売場へ誘導したい際や、特定の商品を惹き立てる際に活躍します。
例えば、お客様の視野や視線を観察した上で、お客様の視界に入るように魅力的なディスプレーを設置して誘導を促します。さらに、お客様の視線の先にインパクトのある陳列スペースを演出すれば、販促効果UPは間違いありません!

什器・ディスプレーと商品のデザインは統一した方が良いですか?

必ずしも全く同じデザインにした方が良いとは限りませんが、売場や商品等のコンセプトを統一する必要があります。コンセプトがばらばらだと、お客様に雑多な印象を与えてしまい、商品を手に取ってもらえなくなる可能性が高いです。
販促支援.comでは販促什器・ディスプレーに合わせて商品のパッケージ制作にも対応していますので、コンセプトに合った売場スペースの演出ならお任せ下さい!

店内POPに関して

訴求効果の高い店内POPデザインのポイントは何ですか?

伝えたい事を、分かりやすく簡潔に伝えられることが大切です。
POPは「物言わぬセールスマン」と呼ばれ、お客様の「商品を買おう」という気持ちを後押しするものです。なので、デザイン部分ももちろん大切ですが、お客様に「買おう」という気持ちにさせるメッセージを企画することが重要です。

どのような場面で活躍しますか?

商品の販促や・店舗の雰囲気づくりに活躍します。
例えばスイングPOPやプライスPOP等で商品の特徴やお得感を演出すれば、お客様の買う気を後押しさせることが可能です。
また、お客様が「楽しく買い物ができる」売場をPOPで演出できれば、お客様もお店に足を運びやすくなります。

ボトルネッカーに関して

訴求効果の高いボトルネッカー制作のポイントは何ですか?

陳列棚等で商品を目立たせるようなデザインがポイントです。
また、キャンペーン情報を載せる際には一見してそれが「お得な情報」であるよう分かりやすく訴求することも大切なポイントです。
インパクトのある形状やデザインでアイキャッチ効果を持たせることは大切ですが、売場の雰囲気を乱さないように気を配る必要もあります。

どのような場面で活躍しますか?

他商品と差別化を図る際や、プレゼントキャンペーン等の告知をする際に活躍します。
例えば、スーパーのペットボトル飲料売場に多く存在するライバル商品の中から商品を目立せたり、他の商品と比較された際に差別化になるお得なキャンペーン情報や商品の特徴などを記載することで、お客様に商品を手に取ってもらった後の訴求効果も上がります。

販促支援.comがお悩みを解決いたします