商品訴求のポイント
TOPページ >> 商品訴求のポイント

販促ツールで商品訴求をするとき

初対面の人との会話においては「最初のつかみが大切」とよく言います。陳列棚の商品も同じです。お客様の視線をつかめない商品は、多くの競合商品の中に埋もれてしまうことでしょう。


そんなとき販促ツールを使用すれば、見た目のインパクトを強め、お客様の視線を集めることが出来ます。
また、お客様の視線をつかんだ後、販促ツールの見せ方や載せる情報によってお客様の共感を誘うことができます。これらのポイントをしっかり押さえてることによって、購買意欲を促進させることが可能になります。


販促支援.comでは「商品とお客様の目的を橋渡しする」ような商品訴求のための販促ツールを制作します。

お客様の視線を集めるアイキャッチ効果

お客様の視線を集めるアイキャッチ効果
お客様の視線を集めるアイキャッチ効果

例えばドラッグストアの店内で歩いているとします。


商品が並んでいるだけのAの画像では、視線を流してしまいそうですが、Bの画像のように特定の商品上部にアイキャッチシールを付けると、自然とシールを付けた商品が目につきます。


これで、お客様に商品を見て頂けるきっかけを生み出すことが可能になりますね。

共感を誘うための工夫

共感を誘うための工夫

お客様は商品に「共感」し、納得した上で購入します。


「共感」してもらうためには、商品の訴求が簡単すぎても、複雑すぎてもいけません。お客様と同じ目線で伝えなければなりません。


そのためには「お客様がその商品をどのように利用するのか」をイメージし、販促ツールによってこれを再現する必要があります。


そうすることでお客様に対して商品を買った後の想像力を膨らませ、現実感を伴った「共感」を与えることができます。

販促支援.comがお悩みを解決いたします