販促ツール制作のポイント
TOPページ >> 販促ツール制作の3つのポイント

お客様の購買意欲を高めるために

活気のある売場は、商品自体がイキイキして見えたり、興味をもたせるPOP広告があったり、ついその場で足を止めてしまうものです。売場自体に消費者の購買欲を高める効果があります。元気な売場をつくるには、訴求目的を明確にし、最適な販促ツールを活用することが大切です。
販促支援.comは、消費者・売場・商品の切り口から「集客UP」「店舗演出」「商品訴求」に役立つ販促ツールをご提案いたします。

販促ツール制作の3つのポイント

消費者の気持ち・行動を意識した販促ツールづくり

消費者の気持ち・行動を意識した販促ツールづくり

販促ツールは「お客様と商品」「お客様とお店」の信頼関係をつくるコミュニケーションツールです。買い物に行ったお店で、ついつい商品を手に取ってしまったり、購入目的のものではないのに、ついで買いをしてしまったりします。こういった衝動買いも、日頃のお店や商品に対する信頼感があるからこそ出来るものです。

売場に合わせた販促ツールづくり

売場に合わせた販促ツールづくり

売場の中で使用される販促ツールはお客様の動線だけでなく、目線や歩く速さを意識して制作することが大切です。レジ横スペースでの衝動買いを誘ったり、季節のイベントに合わせたコーナーを設けるなど常套手段ですが、POPやディスプレイなどの”ちょっとしたこだわり”で「買いやすい」「買いたくなる」売場づくりができます。

大切な商品をPRしてくれる販促ツールづくり

大切な商品をPRしてくれる販促ツールづくり

商品が棚に並んでいたら売れるというわけではありません。商品に対する売り手の「思い」や「こだわり」が買い手にどれだけ伝わっているか?によって、売れ行きが変わってきます。商品パッケージだけでは伝わらないメッセージを販促ツールに載せることで、お客様への最後の一押しにつながります。

販促ツール制作実績

スクラッチカード・ナンバリングカード

販促什器・ディスプレイ

店内POP・ボトルネッカー

販促支援.comがお悩みを解決いたします